オペラ・オペレッタ訳詞家の書斎

三浦真弓のオペラ・データベース & ブログ

プッチーニ《エドガール》

Giacomo Puccini: Edgar(4幕または3幕のオペラ;イタリア語)

原作

Il y a loin de la coupe aux lèvres.
【逐語訳】 「盃(さかずき)から唇までは遠い」
【諺の意味】 酒の入った盃を口に運ぶ途中で、不意の出来事によって飲めなくなってしまうこともあるように、まさに実現しそうに思われたことが、あと一歩のところで実現できないこともあるものだ。
・・・
もっと表題の形に似た初期の用例としては、1832年にアルフレッド・ド・ミュッセが La coupe et les lèvres (盃と唇)という劇を発表しており、作品の冒頭に次の言葉が諺として引用されています。

Entre la coupe et les lèvres il reste encore de la place pour un malheur.
盃と唇の間には、まだ不幸の起こる余地が残されている。

    • 『二人の愛人』(1837年;27歳)

二人の恋人―他二篇 (岩波文庫)

二人の恋人―他二篇 (岩波文庫)

二人の愛人 (新潮文庫 ミ 1-1)

二人の愛人 (新潮文庫 ミ 1-1)

楽譜

Edgar, SC 62 (Puccini, Giacomo) - IMSLP/Petrucci Music Library: Free Public Domain Sheet Music

Edgar

Edgar

参考